ファミマの折り畳み傘 修理法

<背景>

ファミマの折り畳み傘、値段は¥1000と高めだが、丈夫だし大きいし(60か65はあったはず)で気に入っている。

しかし骨の繋ぎ目が弱いという欠点がある。

ここではこの簡単かつ完璧な修理法を載せる。

<症状>

↓の写真のように、骨が折れたように見える。

しかし実際に壊れているのは、骨自体ではなく、繋ぎ目が多い。

<完成形>

先程の壊れた繋ぎ目に針金を通し、固定する。

<準備>

準備:

  • 針金(細くても良い。穴に入る大きさで。)
  • ニッパ
  • ラジオペンチ

<修理法>

①針金を通す

開いた状態だと、穴が合わない場合があるので、閉じ気味の方がやりやすい。

②巻きつける

③カットする

②の状態だと、傘を開いた時に針金が布に接触し、破壊してしまう原因となる。そのためわ余剰分を切っておく。

切断前:

切断後:

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です