Minecraft 水流上昇式エレベータ 乗り継ぎ回路

水流上昇式エレベータの乗り継ぎ回路です。



現在では階層選択式が主流のようですが、自己流でやってたらこんな回路になってしまいました。また、本回路構成も古いものなので、最新の構成で作ればもっと小さくなることがわかっています。
(ホッパータイマーの縮小化、オブザーバーによるワンショット回路の簡易化など)




<システム>

ちなみにエレベータ1の後で降りるときは、ジャンプして水流から出ます笑



<構成>

回路 上段
回路 下段
回路 横から
ホッパータイマーに使用するアイテム数。
ただし、スイッチ→エレベータ2の距離により調整が必要。
ディスペンサーには3個とも、水バケツを設置。初期値は水を出している状態。



<シーケンス>
配置や遅延数は動画を参照ください。

ワイヤーで検出

→ラッチ回路でシーケンス終了まで保持
 →ピストンで上からの水源を止める
 →ワンショット
  →ディスペンサーを用いて水抜き

・・・これでエレベータ1→エレベータ2に発生する水流を用いて、自動乗り継ぎを行っている。

→タイマーでワイヤーから所定位置まで流れてくるのを待つ
 タイマーの作り方はこちら:https://archiveofeiren.com/minecraft-longtimer/

→その後またワンショット
 →ディスペンサーで水を入れる
 →ラッチ回路のリセット




<その他解説>
・ピストンが必要な理由
自動で乗り継ぐために、エレベータ1→エレベータ2への水流を利用します。
しかしエレベータディスペンサーで水を抜くだけでは、上から水流が来てしまうために、
エレベータ1→エレベータ2間で逆流が発生してしまいます。
上からの水流を防ぐため、ピストンを使用しています。


・ストッパーディスペンサーが必要な理由
エレベータディスペンサーで水を再注入したとき、エレベータ2→エレベータ1への水流が発生します。
エレベータ2で再注入した後、上昇気流が発生するには少し時間がかかるため、エレベータ2外へ流されてしまいます。
そのためストッパーディスペンサーで目の前に水源を設置し、逆流を防止しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です