画面を割らないスマホの装備品の選び方

私はスマホを頻繁に落とすタイプですがiPod touchから始まり8年間iPhone系を使用していますが、一度も画面を割ったことがありません。

そんな私の考えている装備品のポイントと、使用経験のあるおすすめ(昔の機種ですが)の記録。



<ポイント>
・ケースには外れやすい素材は選ばない。
例)ハードケース:落としたときは守ってくれるが、そのあと外れて結局傷つく
  シリコンケース:柔らかすぎて落ちた時のヨレて外れる
――選ぶのは主にTPU。2020/4現在ではトライタン性の物も同様の使い心地と思われる。

・ケースはできれば廃熱性も考慮する
ゲームをやる場合など、本体は結構熱くなっていたりする。ケースで手には感じなくても、バッテリーへの影響が出やすくなってしまうため避けた方がいい。
――選ぶのは背面なしのバンパータイプケース。しかし、TPU製でこのタイプは滅多になく、アルミ製を使用したが、装着時点で傷がつかないか心配である。

・ガラスフィルムは選ばない
高度9Hの物が主流であるが、これでもがっつり傷がついてしまった経験があり、ガラスフィルムは使用していない。
――選ぶのは耐衝撃性重視のフィルム。

・装備費用はトレードオフ
私はフル装備で¥5000前後かけています。画面を割らないようにするかここでお金を掛けるかのトレードオフは考えてください。



<過去に使用した装備例>
iPhone8は2020/4に新しく出たiPhoneSE(第二世代)と同じサイズなので、装備も使用できるかもしれません。

・一番良かった装備(iPhone8)
耐衝撃性・廃熱性がよい装備だった。しかしケースの使用耐久性が低く、半年で買い替えていた。

・一番良かった装備(iPhoneSE 第一世代)
これも耐衝撃性、廃熱性がよかった装備。
しかもこれはアルミ製で丈夫であるが、内側がシリコンでできており傷もつかない仕様だった。iPhone8にも似たものがあるが、アルミ枠が途切れてシリコンになっている部分が多いためか、歪みやすく外れやすかった。
前面・背面フィルムは何を使用していたか調べられなかった。

・今使っている装備
良いダンパータイプケースが見つからないため、仕方なく無難なTPUケースを使用している。iPhoneSE 第二世代も出たため、新しくいいのが出ないか探します。
フィルムなどは後述と同じ。

ちょっと前にケースが壊れている間にiPhoneに傷をつけてしまって、その間に試したアルミバンパータイプ。
中のクッションが少なかったが、もともとiPhoneに傷がついていたため、傷がつきやすいかの評価は不明。裏面パネルが外せるため、廃熱性はいいが、少し大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です